英語が話せないママも丸暗記!インターで親が使う英語50選

英語が話せないママも丸暗記!インターで親が使う英語50選

子供をインターナショナルスクールに通わせているけども、親であるママは英語が話せない・・・。
先生や他の保護者を前にして、いざとなった時に英語で何と言ったらいいかわからない・・・という状況もあるかもしれません。

親が英語を話せなくてもまずは丸暗記で使える、インターナショナルスクールで良く使うであろう英語フレーズ50選をシチュエーションごとにまとめてみました。
フレーズを暗記して、ママも積極的に英語を使ってみましょう。

送迎時に親が使う英語フレーズ

インターナショナルスクール送迎時に親が使える英語フレーズ

スクールへの送り時

1. Have a good day!
(良い1日を過ごしてくださいね!)

子供に関する注意事項を伝える

2. She had a fever over the weekend.
(週末、熱がありました。)

3. She has a seasonal allergy, so she took some medicine.
(季節アレルギーの症状があるため、薬をのみました。)

4. She had a flu shot yesterday.
(昨日、インフルエンザの予防接種を受けました。)

インターナショナル小学校では担任の先生と送迎時に挨拶できることは稀かもしれませんが、直接話せる時にスムーズに言えるようにしておきましょう。
基本中の基本である”Good morning.”(おはようございます。)や”How are you?”(お元気ですか?)の挨拶は毎日欠かさず、自分から声をかけて積極的に会話をしてみましょう。

“over the weekend”は”over”をつけることによって、「週末ずっと」という意味になります。

お迎え時

5. I am here to pick up 〇〇.
(〇〇をお迎えにきました。)

6. How did she do today?
(今日はどんな様子でしたか?)

“pick up”には「拾う」「買う」「持ち上げる」と、色々な意味がありますが、「お迎えをする」という意味でも使えます。
名前を使う場合は”I pick up Emi.” と言えますし、彼女・彼などの代名詞(目的格)を使う場合は”I pick her up”と単語の間に入れます。

欠席/遅刻/早退など学校への連絡で親が使う英語フレーズ

インターナショナルスクールへの連絡・電話で親が使える英語フレーズ

名前やクラス情報

7. This is 〇〇, △△’s mother.
(〇〇と申しますが、△△の母です。)

8. He is in third grade, Mrs. 〇〇’s class.
(3年生で、〇〇先生のクラスです。)

「先生」は英語では姓の前に”Mr.”や”Mrs.” “Miss”を付けます。欠席・遅刻・早退の連絡は必須です。
名前、担任の先生の名前、体調や理由などをハッキリと伝えられるようにしましょう。

欠席の連絡

9. She will be absent today because she has a fever.
(今日は熱があるのでお休みします。)

10. She is unwell today.
(今日は体調不良です。)

“well”は「元気」という意味になりますが、特にこれといった症状がないけど、体調が悪そうな時は否定語の”un”を付けて”unwell”とすると「体調不良」という意味になります。

早退の連絡

11. I will pick her up after lunch for her doctor’s appointment.
(医者の予約があるので昼食時間後にお迎えに来ます。)

12. We have a family emergency, so I am on the way to pick her up now.
(家庭の事情の為、今からお迎えに向かいます。)

早退の連絡や、〈送迎時の注意事項連絡〉で紹介した事は、連絡帳のような”parent-teacher communication note”などがあればそこに書いても良いですし、先生によっては”the best way to reach me”(連絡がつきやすい方法)と指示があると思うので、それに従いましょう。

インターナショナルスクール面談で親が使う英語フレーズ

インターナショナルスクール面談で親が使える英語フレーズ
面談は英語で”Parent Teacher Conference”と言い、”PTC”と略して言われることもあります。
担任の先生と個人的に直接話せる貴重な時間なので、気になることは聞けるようにしておきましょう。

クラスでの様子を聞く

13. How is she getting along with her classmates?
(クラスメイトとの仲はどうですか?)

14. How is her behavior in class?
(クラスでの態度はどうですか?)

15. Is she following rules?
(規則は守っていますか?)

“How”は「どんな」という意味になり様子を伺うときの必須の単語です。
”get along with”は「仲が良い」という意味になりますが、今現在の様子を聞いているので、進行形を使って聞きます。

勉強面について聞く

16. What is his strength?
(彼の強みは何ですか?)

17. What are his challenges?
(彼の弱点は何ですか?)

18. I am concerned about her reading skill.
(リーディングスキルが心配です。)

19. Do you have any advice?
(何かアドバイスありますか?)

20. Has her reading improved since last assessment?
(前回の評価から彼女のリーディングスキルは伸びていますか?)

21. What do you recommend to do for her writing?
(ライティングを伸ばすためには何かお勧めはありますか?)

“I am concerned about ~”は「~が気になります、心配です」という意味になります。
”about”の後を”writing skill”(ライティングスキル)”listening skill”(リスニングスキル) “social skill”(社交性スキル)などと言い換えれば、色々と応用できます。

“assessment”とは「評価テスト」のことです。成績をつける時に普段の様子プラス、テストを行うこともあります。

インターナショナルスクールに子供を入学させたいママのための英会話学習ブックをプレゼント中です

その他、面談で使える表現

22. Can I have a copy of this?
(このコピーをもらえますか?)

先生が見せてくれた資料等を後でじっくり見たい時など、もらえるかどうか聞いてみましょう。

23. I really appreciate all you do.
(先生がして下さることに感謝しています。)

24. I really appreciate your support.
(先生のサポートに感謝します。)

“appreciate”とは「感謝をする」という意味の動詞ですが、”Thank you”を使うのであれば、”Thank you for your support.” “Thank you for all you do.”に言い換えることもできます。言いやすいほうを覚えてみましょう。

25. Would it be possible to change the PTC appointment?
(面談の予約を変更することは可能ですか?)

“Would it be possible to 動詞?”の表現は、丁寧な言い方をここでは紹介しました。
”Can you change the appointment?”や“Is it possible to change the appointment?”でももちろん良いですが、丁寧な表現も覚えておくと良いですね。

インターナショナルスクールのママ友と使う英語フレーズ

インターナショナルスクールのママ友と使える英語フレーズ

お子さんの英語もご自身の英語も伸ばしたいなら、お友達と過ごすのが1番です。勇気を出して誘ってみましょう。

ママ友をお誘いする

26. Would you like to go have some coffee?
(コーヒーでも飲みに行きませんか?)

27. Would you like to come over for lunch sometime?
(そのうち、ランチをしに家に来ませんか?)

“Would you like to ~?”は誘う時の決まり文句です。
”Do you want to~?”でももちろん良いですが、少し丁寧な言い方も覚えておきましょう。

ママ友の予定について聞く

28. What is your schedule like?
(予定はどんなですか?)

29. Do you have any plans for this weekend?
(今週末は何か予定がありますか?)

30. I was wondering what you were doing next weekend.
(来週は何かしていますか?)

31. She is available on Mondays and Wednesdays after school.
(月曜日と水曜日の放課後が空いています。)

“available”は”free”という単語を使っても同じ意味になります。

子供の希望を伝える

32. My daughter wants to have a playdate with 〇〇.
(私の娘が〇〇とプレイデートがしたいようです。)

33. My daughter wants to invite 〇〇 for sleepover.
(娘が、〇〇をお泊りによびたいそうです。)

お友達関係の単語で1番耳にするかもしれない”playdate”という単語。”date”と言ってもどこかに出かけるわけでもなく、「一緒に遊ぶ」という意味になります。
少し年齢が上になると、お友達の家にお泊りをしたいとなるかもしれませんが、お泊り会のことを”sleepover”と言います。
お誕生会などでも人気で”slumber party”と言うこともあります。

キャンセルの連絡をする

34. My daughter has had a fever since last night, so can we cancel the playdate today?
(昨晩から熱を出してしまっているので、今日のプレイデートをキャンセルにしてもらってもいいですか?)

“have (has) had a fever”とすると、「今まだ熱がある」という表現になります。
もし今はないけどということであれば、”had a fever during the night”(夜中に熱がありました)と過去形で書きます。
また、“cancel”ではなく、”reschedule”「予定をし直す」と言ってもいいですね。

ママ友へ連絡方法を伝える

35. Please text my phone,〇〇〇 -〇〇〇-〇〇〇〇.
(私の電話〇〇〇 -〇〇〇-〇〇〇〇にメッセージをください。)

“text”は「メッセージを送る」という口語的な動詞ですが、ここを”email”(Eメール)や”call”(電話をする)と言い換えることもできます。

その他

36. How was your weekend?
(週末はどうでしたか?)

37. Do you know any good after school activities?
(何か良い習い事を知っていますか?)

“after school activities”や”after school classes”で「習い事」という意味になります。

お誕生会やパーティーで親が使う英語フレーズ

お誕生会やパーティー関連で親が使える英語フレーズ

38. Thank you for the invite!
(お誘いありがとうございます。)

“Thank you for inviting 〇〇 for △△’s birthday party.”
(〇〇を△△のお誕生日パーティーに招待してくれてありがとうございます。)

と詳細を書いても良いのですが、メールの返信などで手短に済ませたい時、内容を繰り返さなくてもわかりそうな時は”Thank you for the invite.”で十分です。

39. Can you give me any ideas for 〇〇’s birthday gift?
(〇〇へのお誕生日プレゼントのアイディアは何かありませんか?)

40. What can we bring?
(何を持っていきましょうか?)

41. If there is anything I can bring, please let me know.
(何か持ってきて欲しいのがあったら、知らせて下さい。)

「持って行く」とう単語を使いたい時、招待された家の相手と話す時は”bring”を使います。「相手の方へ物を持って行く」というニュアンスになり、目的地に話をしている相手がいます。

”take”も日本語に訳すと同じ意味になりますが、こちらの単語は「物を別の場所へ持って行く」というニュアンスになり、その先に話し相手がいるとは限りません。

今回紹介している例文では、相手からのお誘いに対しての返事であり、相手のお家へ持って行く物のお話をしてるので、”bring”を使います。

42. Just bring yourself!
(手ぶらできてくださいね。)

インターナショナルスクールのボランティア・イベント参加で親が使う英語フレーズ

インターナショナルスクールのボランティア・イベント参加で親が使える英語フレーズ

インターナショナルスクールでも海外の現地校でも、親が学校イベントやクラスのお手伝いに参加する機会はたくさんあります。先生と話す機会も増えますし、他の保護者とも仲良くなれますし、子供の学校での様子も垣間見れるので、積極的に参加してみましょう。

寄付に関する英語

43. Would you like any supply donations?
(何か備品の寄付は必要ですか?)

“donation”とは「寄付」という意味ですが、決してお金だけのことではありません。”supply donation”や”food donation”(食べ物の寄付)もあります。

44. When do you need it by?
(いつまでに必要ですか?)

イベント参加・お手伝い時の英語

45. What time should I come?

(何時に行ったらよいですか?)
46. I would like to participate as a volunteer.
(ボランティアとして参加したいです。)

47. Is there anything I can do at home?
(何か家でできることはありますか?)

48. I have a small child, so can I do it at home?
(小さな子供がいるので、家でやってもいいですか?)

その他

49. Do you think the program is suitable for my daughter?
(このプログラムは娘に合っていますか?)

50. Can I invite our family to the event?
(このイベントに家族を招待してもいいですか?)

インターで親が使う英語50選 まとめ

インターナショナルスクールで親がよく直面するであろう場面での英語フレーズ50選を紹介しました。
ママ友との会話トピックは際限がないですが、今回紹介したフレーズは使用頻度も高く、ママ友との会話を始めるきっかけになります。
たとえ親は英語を流暢に話せなくても、まずは良く使うフレーズから暗記して積極的に英語を使う練習をしていきましょう。

インターナショナル/プリスクールママの英語対策レッスン

お子様がインターナショナルスクールやプリスクールに通うママのためのマンツーマン英会話レッスン。

  • 60分2500円都度払い。スケジュール相談OK。ママが続けやすいシステム
  • 対面レッスン:東京・横浜・神奈川・千葉・埼玉
  • オンラインレッスン:全国<名古屋・神戸・福岡・大阪・京都・札幌など>

インターナショナルスクール/プリスクールママの英語対策レッスン

ママが学校関係で使う英語に特化したマンツーマンレッスンです!

  • 送迎時の先生との会話
  • 面接/面談対策
  • 保護者会やイベント・ボランティア参加
  • お友達ママとの英会話
  • 学校からの電話/メール/お知らせの解読
  • ご家庭での英語育児 など

インター/プリスクールママのための英会話レッスン無料体験はこちら

インターナショナルスクールに子供を入学させたいママのための英会話学習ブックをプレゼント中です

ママ英会話の分かりやすい読み進め方